なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ちゅるりんわんたんめん 950円」@らーめん かねかつの写真2016年12月18日夜、訪問。
埼玉に行くとなった時から調べて発見し、なんとまあ旨そうだ!と思って以来ずっとずっと心惹かれていた店についに訪問となりました。川口駅に17時25分に着いてそこからのんびり歩いて17時40分に到着。一番です。45分頃店の明かりがついて、3分ほど遅れて開店です。開店時には待ちは2名。
雰囲気は北千住のこばやしさんに似ているが、あちらより少し新しい印象。

さて、注文は口頭で。麺少なめ可ということなので、ここは奮発してちゅるりんわんたんめんを麺少なめで注文。
見ているとわんたんも麺も生地を伸ばすところからスタート。これは時間がかかるなぁ…とは思いますが、それ以上に作りたてを食べるのが楽しみでしょうがないであります。

わんたんは挽肉にたっぷり胡椒を塗して捏ね、それから生地を伸ばして皮を作り、一つ一つ包みます。
麺も生地を伸ばしてから、手動の製麺機を取り出し、これが案外小さいのですが、
これをガラガラガラガラッ!と精一杯の速さで回して、毎日これをやっているからなのでしょう、店主さんの腕は筋骨隆々としていてかっこいいです。
そして麺を手で揉んで、漸くこれで普通のラーメン屋さんのさあ作るぞ、という状態です。急いでいる人にはオススメできませんがこれは見ていてとても楽しい。

20分して漸く私(一人目)のラーメンが出て来ました。二人目の方は更にその5分くらい後でした。

しかし見てみるとなんとまあ芸術的な佇まい!!
ステンドグラスよような美しさではありませんか!!
キラキラと反射する七色のシンフォニーがとても美しく、更に馨しい香りはまさに地上の楽園のような気分であります!

汁をひと啜りすると押し寄せる恍惚!
そして麺を食べると言葉にならない感動がさざ波のようにこみ上げてまいります。絹か肉球のような歯ごたえに、麺面の微妙な凹凸からくる唇にそよそよと訴えかけてくるような繊細な震え!堪らないであります!

そして更に極上の味わいであるのはわんたん!
ちゅるりんという名前ですが、ぷりぷりという擬音の方が相応しいと思しき噛み心地。ひと噛みした瞬間に溢れ出る肉の旨みと優しい胡椒の響き、そして零れ落ちるような肉の塊の感触は神聖さすら感じさせます!!ああ、ああ!!なんと美味しいのでしょうか!涙が出て来ます!!!

素晴らしい感激の瞬間をありがとうございました!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

満点、珍しいですね。これは大変興味深い一軒です。
しかも、20分も待たされたのにノークレームどころか恍惚状態で食事を終える。普通のラーメン店ではなかなかあり得ない話です。実に興味深い。

存在を存じ上げませんでしたが、早速記憶に刻み込みました。年明け早々に足を運びたいと思います。ありがとうございます。

Dr.KOTO | 2016年12月20日 21:48

コメントありがとうございます。
前々から調べて期待して行ったので、また調べた通りのその上をいくラーメンが出て来たので、その分の加点もあるかもしれませんが、とにかく美味しかったです!
麺が結構柔らかめなので、そこを重視する方であれば好みも別れるかとは思いますが、作っている過程を見ながら最後にその完成品を食べられるというのは、ただ食べるのとは違った美味しさを感じられます。
待ち時間も、作っているのを眺めているだけで面白かったのでちっとも苦ではなく、逆にいいものが見られたと思っていますが、急いでいる方にはあまりオススメできません(^^;;

nyagittt | 2016年12月20日 23:53