なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

nyagittt

男性
平均点 83.104点
最終レビュー日 2019年7月10日
412 310 0 438
レビュー 店舗 スキ いいね

「辛味噌らーめん 780円」@味噌の大将 江古田店の写真豆苗がダーッとのり、その下に野菜。
厨房では、中華鍋に勢い良く炎が上がっている。
歯応えを残しつつも強火でザクッと炒めてあり、なかなかよろしい。

スープは動物系で濃厚というわけではないが、コクがあり、テンプレな感じで濃厚味噌である。オイリーであるが味噌の濃い味と辛味ペーストで気にならない。卓上の刻みニンニクをドサッと入れて、よりスタミナ満点にして喰らった。

麺はプリプリしたたまご麺に近い食感、僅かにウェーブがかかり麺の持ち上げもよろしい。麺量は、少なめで頼んだが140gくらいあったようなので、デフォだと200gくらいあるのかな?

ご馳走さま。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「牛肉麺 小 680円」@薩斐蘭州牛肉麺 池袋店の写真7月のとある平日、18時

麺は太さを6通りから選べる。
こんな綺麗な麺で果たして手打ちなの?と思ってしまうが、店の入り口から見えるところでちゃんと打っている。

スープは牛肉麺に典型的な味。牛清湯ということであるが、全く牛!というジャンキーな感じでは無く、しっとりとしたスープである。神保町に馬子禄が出来てからというもの、辺りに牛肉麺の店が乱立しているが、牛肉麺というのは店ごとに個性を出すことがあまり出来ないのか?

美味いは美味い、とても美味い。
スネ肉の薄切りに大根の薄切り、パクチーに小葱、ちょちょいと辛味のタレがかかってスープはしっとり牛清湯、それにもっちりの手延べ麺、というスタイルはどこに行っても変わらないね。

しかしここの店は小サイズがある、という点で他の店との差別化に成功しているように思える。

美味かった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「えびそば オープン記念500円」@麺場らせん -RASEN-の写真オープン初日。13時
外待ち1名に接続したが、食べ終わった人が4人出ても5人出ても中に案内してもらえない。何かと思えば、高校生グループが中で連席であくまでたむろしていたようだ。
券売機には「今日は両替できません」と書いてあり、ツイッターではそんなこと書いてなかったじゃん!と思いきや、言ってみたら両替してくれた。少し考えたら初日だから慌ただしいだろうことは分かったのに、すみません。

えびそばというので、五ノ神みたいながっつり海老を想像してきてしまったが、食べてみると“海老風味の白湯ラーメン”である。まったりとした粗めの鶏白湯に、豚も使っているだろうか。海老は言われてみれば入ってるかな、という程度。油に使っているのかな?
麺はかなり柔らかめの中細麺。
肉は脂身多めの豚である。

あと水のピッチャー?のコルク製の下敷きが、ピッチャーの底に張り付いてしまって、持ち上げにくかった。

ご馳走さま。
食べている間は海老な感じはほとんどなかったが、食べ終わって数十分後、なんだか口の中がほのかに海老だ、と感じた。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「【数量限定】鯖とうるめ 880円」@中華そば うお青の写真6月のとある木曜、12時20分
外待ち6人に接続。13時前に店内へ。
色々なメニューがあり、食べたいの色々だが、一番食べたかった「鯖とうるめ」、醤油を選択。
更に中待ち5人。
13時15分頃ありつけた。


スープをひとすすりすると………………

!!!!!!!!!!!
う、う、うまぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!
なんだこれは!!!!!

期待して来たが、期待を上回る、想像出来なかった旨さ!!!!

鯖節とうるめ、旨みを凝縮してあるというが、どうやって旨味を凝縮するのだろうか?不思議な魔法でも使ってそうなほどのドが付く旨さ!!

麺は柔めな細麺、少し量は多めに感じた。
しかし、他のものは脇役ってくらいにスープが実に美味い。

無我夢中で啜っているうちにあっという間に器が空になってしまった。
最高だった。ごちそうさま。

店を出てから、もう一杯、気になっていた「よしると海塩」も食べたくなり、店の前で迷っていたが、時間切れ………
必ずまた来る!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「黒ラーメン 730円」@博多ラーメン 長浜や 中村橋店の写真落ち込んだ気分で、ヤケ糞で夜中に訪問。

アンチホークスなので福岡がなんとなく嫌いなのもあり博多ラーメンもあまり食べないのだが、この日のこの時の気分は豚骨(とは言え二郎を食べるほどの食欲はない)という感じだったので、ふらりと行き着いたのがこちら。

黒いマー油が浮いた九州ラーメンは、これは福岡じゃなく熊本ラーメンだし!というのもあるしニンニク大好きなので、黒ラーメンを選んだ。

淡麗、というわけではないがシャバっとして、コクがありつつもさっぱりした喉越し。美味いスープだ。そこにしとどに香る、焦げたニンニクが香るマー油。

麺は粉落とし、生地を食べてるようななんとも言えない食感が美味いぞ。ごちそうさま。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「冷やし茄子刀削麺 900円」@朝霞の写真6月、とある日曜14時
歌舞伎鑑賞のあと。
刀削麺を売りにしている店のようだ。

ハリ、コシのある刀削麺にニンニクがピリリと効いた辛いタレが絡み、とても食べ応えがある。
店で作っている風のことがメニューに書いてあったが、厨房をみるとそんな感じはしなかったのだが、しかし出てきた麺の歯応え、食べ応えからすると果たして事実のような気がする。とてもしこしこ、美味い。

茄子は3本分、綺麗に皮を剥いてある。トマトも半個分、もやしがドサッ、瑞々しい夏野菜のオンパレードである。

涼しげながらスタミナ回復にうってつけ、ガッツのある一杯だった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】紅ズワイガニのみそつけ麺 900円 麺少なめ」@ほっこり中華そば もつけの写真6月のとある金曜日、17時15分
高幡不動から京王線で八王子へ移動。
八王子の人気店であるこちらへ。

並ぶのかと思って気合を入れてきたが、開店待ちは自分一人のまま開店を迎えた。

さて、この日はとても気になる限定が。

【限定】紅ズワイガニのみそつけ麺
平打ちでまるで棊子麺のような平らな麺、自家製麺とのことである。
上には低温豚、これがみっちりと肉厚で食べ応えあり。さらに箸休めの揚げ茄子、辛い菜っ葉。特徴的なのはわかめと胡瓜の酢の物。

しかし、なんといっても蟹味噌を大量に融かしこんだという漬け汁はマッドで、ザ・カニである。上野のさんじのような、油ぎったジャンクなカニではなく、ただただ濃密なカニで、粘度は高くないがもう濃密、塩分はやや高め。

ふと思ったが、蟹味噌そのものに麺をつけながら食べたらめっちゃ美味いだろうな〜〜
御馳走様。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】冷やしとろろつけ麺880円」@新橋 纏 京王高幡SC店の写真6月のとある金曜日、14時半

兼ねてから行きたかった、うお青に行くものの、既に閉店。仕方がないので立ち寄った、高幡不動駅の駅ビル内のこちら。
新橋の名店の支店であります。

着丼。
なんと言ってもつけ汁が非常に美味い!
これ、どうやってこの味を出しているのかめっちゃ気になる!鶏をベースにしているようではあるけど、鰹節や乾物とかを使ってそう。とにかくこれ以上はないというくらいに和風出汁!とても雅で清涼感に溢れ、澄んだつけ汁で、香味油がこれまたフレッシュな感じでめっちゃくちゃ美味い!!

そして麺は極細麺の繊細で柔らかな麺。近頃流行りの昆布水が絶妙に絡んで、うまうま。麺量は150gとのことだが、長芋が異常にたっぷりなのでたっぷりあるように感じる。

トッピングは江戸菜、青のり、めんま、鶏の照り焼き、煮浸しの葱などだが、なんといっても下ろした長芋のとろろ!!
店で下ろしてるのか、芋の破片がぽつぽつと入っている。これがめちゃくちゃ大量である。
生卵と和えて食べてもうまい。

予定変更できた店だが、とても美味かった。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「ピザそば 850円」@ajito ism shinjuku baseの写真6月のとある木曜日15時半
何をする宛もなく、新宿へ。
新宿で、ラーメン。。。。。
気分ではなかったが、めぼしい店でこの時間空いてる店もここくらいしかない。行ってみよう。

大井町の本店の方にはずいぶん前に行ったっけ。
本店の味は忘れてしまったが、おお!これはピザ!!!!と感激したのは覚えている。

こちらのは、美味いは美味いが、なんだかピザというよりメキシコのタコスのようなピリ辛味である。サラミにピーマン、オリーブあたりはピザっぽいが、アンチョビとピリ辛ソースがどう考えてもイタリアンっぽくはなく、メキシカンである。

もうちょっと、トマト風味でチーズドバッ!の方が、ピザ感が増すと思う。トマトもチーズも、メキシコ味で完全に気配が消えている。

しかし、むちむちの麺にソースがよく絡み、美味いことは美味い。最後はドザドザとタバスコをかけて辛くして完食した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「すごい煮干しラーメン 850円」@すごい煮干ラーメン凪 新宿ゴールデン街店 本館の写真6月のとある土曜日
雨。病院の後訪問。

久々に食べた、凪の煮干しラーメン。
煮干しラーメンブームの先駆けと位置づけられるレジェンド。様々な濃厚煮干しを食べて来たけど、改めて食べてみるとやっぱり凪も濃いなあ〜

濃いけど荒れ狂う程の濃さではなくて、じっくりじんわり攻めてくる。

手打ち風のズルンズルンとした麺も最高でありスープの絡みも素晴らしい。
煮干以外の食材も入ってる風で、いい香り。上の辛味も少しであればいい味変。

とても美味かった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件